トラブル事例

「よくあるトラブル事例」の一例を挙げさせていただきます。
このほかにも、様々なトラブルが日々発生しています。

一度私どもにご相談ください。

ケース(1) クラッチの切れが悪くミッションを壊してしまう

よくあるトラブルなのですが、2速ギアでギア鳴り、ギア抜けが発生すると、整備工場の判断は「ミッションが悪いに決まってるから交換しよう」となります。
(もちろん、ミッションだけでなくクラッチ、ディスク、カバー、各種ベアリングも同時に交換しますが)しかし、数か月後にまた同じ症状(ギア鳴り、ギア抜け)が発生してしまいます。

わたしどもの経験上、そういった現象の場合は、クラッチマスターシリンダー内ゴム製品( = Оリング等 )の経年劣化によるゴム製品の硬化、摩耗により油圧が不安定になり、それによってクラッチの切れ不良が発生しているパターンがほとんどです。
切れ不良が発生すると、発進段(2速ギア)のシンクロナイザーリングが早期に摩耗します。

そして、摩耗が進んでいくと、2速でギア鳴り、ギア抜けがするようになってくるのです。

失礼ながら、こういったことはメーカーのディーラーさんだけでなく整備工場のベテラン職人の方でもなかなか気が付かれないようで、酷い場合は「運転車のクラッチの踏み方が悪いのでは」ということで片づけてしまっているケースもままあるのです。

ケース② アウトプットシャフトのベアリング破損

走行中にミッションから異音(ゴーゴー音、ガラガラ音)が発生してしまうことがあります。

当然のように整備工場でミッションを交換されて、その結果、しばらくは大丈夫なのですが、しかし、数か月後にまた同じような異音が発生してしまった、なんてことがよくあります。

そういうお客様がどうにもならなくて当社に持って来られて調べた結果・・・

原因は、プロペラシャフトという部品のユニバーサルジョイントの経年劣化(ニードルの摩耗等)による重量アンバランスにより振動が発生しアウトプットシャフトのベアリング破損でした。

・・・上記のようなことが過去数えきれないくらいあったのです。

株式会社ギアボックス

〒561-0845 大阪府豊中市利倉2-18-24
営業 9:00~19:00(定休日:日曜)
FAX:06-6398-9499
マニュアルトランスミッション(MT)リビルド製造
デファレンシャルギアのリビルド製造
お電話でのお問合せ

TEL 06-6398-9488

メールでのお問合せ